返済ができない場合の取り立てや催促

賃金業者のフリーローンを利用する場合は基本的に消費者金融や信販会社のキャッシングが中心となりますが、特に消費者金融は借りたお金を返すことができなくなった場合にかなり執拗な取り立てや催促をするというイメージを持っている人は多いと思います。

消費者金融がサラ金と呼ばれていた頃は50%を超えてくるような金利での貸し付けも当たり前のように行なわれており、借りる人の中には自力で返済をすることができなくなってしまい借金地獄に陥るケースも少なくありませんでした。

借金返済が不能になってしまった後に待ち受けているのは自己破産などの債務整理となりますが、債務整理をすることによって借金整理をすることが可能になるものの、ブラックリストに名前が入ることや自己破産をすると住宅や車など大切なものを失ってしまいます。

債務整理が必要なくらいの状態になっている場合は取り立てや催促なども厳しいことが想定されますが、今の消費者金融はかなり法律により締め付けが強化されているので法外な取り立てなどをするところはまずありません。

そのためフリーローンを利用して返済が滞っても嫌がらせをされるようなことはないので過度に心配する必要はないものの、借りたお金については法律によってきちんと返済しないといけないお金と決められているのでフリーローンを利用して返済できなくなっている場合は何らかの対応をする必要が出てくるという点には注意するようにしましょう。


PAGE TOP